クレンジング

メイクをするのであれば、必ずクレンジングをしなければなりません。

 

しかも、ニキビができていて、そのニキビを隠すために厚塗りしている人は
念入りにクレンジングをすることが必要です。

 

メイクが毛穴を塞ぎ、外に出ようとしている皮脂を閉じ込めてしまうと、
毛穴がふさがり、ニキビができてしまいます。

 

ニキビを隠したいという事情があっても、
夜は必ずメイクをしっかり落としましょう。

クレンジング剤の種類

クレンジング剤には、オイルタイプ、油性ジェルタイプ、
クリームタイプ、水性ジェルタイプ、ミルクタイプ、
拭き取りシートタイプなど、さまざまなタイプのものがありますが、
自分の肌に合わせて選び使って行く事が必要です。

 

ニキビ肌の人が拭き取りシートタイプのクレンジング剤を使うのはよくありません。

 

疲れていると、拭き取るだけでメイクが落とせる拭き取りタイプはとても魅力的で、
つい、使いたくなってしまいます。

 

ですが、拭き取りシートタイプのクレンジングは、
肌の表面のメイクを落とすことはできますが、
毛穴の中にメイクの成分を押し込めてしまうことになっています。

 

しかも、炎症を起こしているニキビを拭き取りシートでこすってしまうと、
メラノサイトが増えて色素沈着を起こしたり、
刺激で赤みがでたり、ニキビがぶり返してしまったりします。

 

野外活動や旅行などのときは仕方がないですが、
なるべく拭き取りシートタイプのクレンジングを使うのは控えましょう。

 

また、最近のメイクアイテムは、「夕方になっても崩れない」というしっかりタイプや、
「プールに入っても落ちない。」というような水と混じりにくい油分の多い
ウォータープルーフのものも増えています。

 

このようなしっかりつくタイプのメイクアイテムは、
クレンジング剤を使ってクレンジングをしても、
しっかり落とすことができないこともあります。

 

クレンジング剤の中には、油分を多く含むもの、
油分が少ししか含まれていないものなどがあります。

 

油分を多く含んでいるクレンジングは、
ウォータープルーフの化粧品とも良くなじみ、
メイクをしっかり落とすことができます。

 

ですが、油分がすくないクレンジングは、
メイクとなじみが悪く、落としきれないことも多いです。

 

となると、油分の多いクレンジングを使ったほうが良い気がします。

 

しかし、油分となじみの良いクレンジングには、
肌に負担がかかる界面活性剤が多く含まれていて、
肌に必要な油分まで根こそぎ奪ってしまうことになります。

 

乾燥肌を招き、にきびの原因を作ってしまうことにもなりかねません。

クレンジング剤の強さ

クレンジング剤の種類を、クレンジング力の強い順に並べると、
@オイルクレンジング、A油性ジェル、Bクリーム・ミルククレンジング、
C水性ジェル、D拭き取りシートというようになります。

 

つまり、オイルクレンジングを使うのが、
最もメイクを落とすのには効果的です。

 

続いて油性ジェル、クリーム・ミルクタイプということになりますが、
ミルクタイプのクレンジングは水分を多く含んでいるので、
肌への負担が少なくて済みます。

 

しかし、ミルクタイプは、肌に優しいとはいっても、
メイク化粧品とのなじみが悪く、結局ゴシゴシと肌をこすることになってしまいがちです。

 

成分は、肌に優しいといっても、
メイクが落ちず、ひたすら肌をこすっていたのでは、
肌を痛めてしまいますし、ニキビを荒らしてしまうことにもなりかねません。

 

このようなことから、ニキビ肌の人におススメなクレンジングは、
メイク化粧品と最もなじみが良いオイルタイプのクレンジング剤です。

 

ドラッグストア等に行くと、さまざまな商品が安価で売られています。
その中から自分に合うものを選んでみてください。

オイルタイプのクレンジング剤の使い方

オイルクレンジングは、メイクと良くなじむように長時間お風呂に浸かりながら
マッサージをする人もいるようです。

 

しかしこの使い方はNGです。

 

指の腹を使って、時間は長くても90秒ほど、優しくなでるようにして、
クレンジングとメイクをなじませ、すぐにすすぐようにします。

 

力をかけてしまうと、オイルが毛穴に残ります。

 

また、オイルクレンジングに含まれる界面活性剤は、
肌に残したくない物質です。
ですから、肌に残らないように、指の腹でくるくる撫で、
しっかりぬるま湯で洗い流すようにしましょう。